オールドアメリカンな雰囲気を取り入れた帽子ブランド。キャスケット、ハンチング、サファリハット、リバーシブルハット、ワークキャップ、ベレー帽など。インターネット通販できます。

KNOWLEDGE 帽子の豆知識
HOME帽子の豆知識各部の名称

各部の名称

帽子各部の名前について詳しく説明しています。ここでは当店で取り扱っているキャスケットで説明しています。

帽子各部の名称

頭(クラウン)
帽子の山の部分です。1つ1つのパーツをレンゲ(蓮華)と呼んだりもします。中折れハットなどではトップクラウンとサイドクラウンの組み合わせで構成されています。

ブリム(つば)
クラウンの裾から周囲へ差し出た部分で、日除けにもなります。クラウンと同じく、帽子の印象に大きく影響しています。広いほど帽子としての印象が強くなります。

天ボタン
帽子の天井にあるボッチです。当店のキャスケットの天ボタンは、19mm仕様です。

表地
帽子の表側を覆っている見える生地です。綿やウール、皮など帽子のコンセプトによって素材は様々です。クラウンとブリムの生地を変えればバリエーションが増えます。

裏地
帽子の裏側にあるすぐには見えない生地です。頭に直接触れる部分なので、キュプラなど滑々して蒸れない素材がよく使われます。

ビン皮(スベリ)
ちょうど腰の裏側にあって内側を一周している部分で、サイズリボンとも呼んだりします。サイズ調整以外に汗止めの役割も担っています。

腰(巻き)
当店のキャスケットにはありませんが、クラウンの下端に巻かれた帯布です。リボン、テープ、ベルトとも呼ばれていて、柄違いで印象が変わります。

帯(渡し)
巻きに対し、直角に巻いた飾り帯です。当店のキャスケットにはありません。